売主にとっての思い出の場所

買取り査定の際には、当然家を内覧させていただきます。

その時にいつも目にする光景があります。

壁のあちこちに書かれた落書き、窓ガラスに貼られた何十年も昔のキャラクターのシール、子供の身長の高さを刻んだ柱の傷跡等、その家と家族が長い間一緒に過ごしてきた証。

それらを眺めながら、「その家と住んできた家族が何十年もの間紡いできた物語」に思いを馳せることもしばしばあります。

築数十年が経過し、ところどころ傾き、雨漏りの痕、シロアリの被害もあるボロボロの家。

次に誰かが住む予定も無く、ただ解体されるのを待っているだけ・・。

建物自体には“モノとしての価値”はもう無いかもしれません。

しかし売主様にとっては、何十年もの間共に過ごしてきた思い出の場所。

だからこそ査定させていただくときは、家に対し「長い間、おつかれさまでした」と心の中で唱えるようにしてます。

嘘じゃありませんよ。本当の話です。


トップページでは、「不動産の売却が初めてで…」とお悩みの方に知って得する情報をたくさん掲載しています。
「ゼロホーム京都不動産買取センター」のトップページはこちら。

建物の無料売却相談