あなたの家の前道は、公道?それとも私道?

いつもブログを楽しみにしている皆様、更新が遅くなり申し訳ございません。
今回より、また頑張って更新していきますので、宜しくお願い致します。

さて、話は変わりますが、あなたは自分の家の前道のことをどれだけ把握しているでしょうか。

現在、不動産の売却や購入、また建替え等を考えている方は、道路のことについてはきちんと理解しておいて頂きたいと思います。

まずタイトルにもございますが、道路には公道と私道があります。
簡単に説明いたしますと、

公道・・・国や地方公共団体が指定・建設・管理する道路のことです。道路法上の道路のことを公道、ということが多いです。

私道・・・個人や企業、団体が自らの所有地の一部または全部を道路として使っているものです。したがって、管理も異本的には個人や企業、団体が行います。

私道に関して言いますと、不動産の折込チラシなどの広告のなかに、【私道負担あり私道負担●●㎡などと言う文字を見たことがあるかもしれません。

では、私道負担とは何かということですが、下図にて説明したいと思います。

公道私道の図

↑この青い部分が私道負担部分になります。私道負担とは、不動産取引の対象となっている土地の一部に私道が含まれている場合、この私道敷地部分を所有すること。私道の上には、建物を建てることができず、私道部分の面積は敷地とならないので、土地の利用に際して大きな制約を受けます。

私たち不動産業者は、お家の査定をさせていただく際に登記簿謄本を取得し土地の大きさなどを調べます。

そして現地にて、謄本どおりの大きさがあるかを測量します。
私道を持ち出している場合、敷地は謄本の大きさよりも小さくなります。

査定金額は、私道負担等を差し引いた有効坪数にて算出します。

ですので、ご自分が思っている金額よりもかなり低い金額の場合。
建て替えを検討しても、まともに間取りがのらない場合もございます。

このブログをご覧いただき、自分の土地は大丈夫だろうかと思われた方!
査定や調査は無料にて行いますので、お気軽にご連絡ください!


トップページでは、「不動産の売却が初めてで…」とお悩みの方に知って得する情報をたくさん掲載しています。
「ゼロホーム京都不動産買取センター」のトップページはこちら。

土地や建物の売却相談